2014年10月24日福島にて行われた研修会に参加しました。内閣府主催の平成26年度「子ども・若者育成支援のための地域連携推進事業」北海道・東北ブロック研修会。

こんな事言うと気を悪くする方いるかもですが全然期待せず参加してました。それが期待を裏切る充実した内容ですばらしかったです。1部に限ってだけど。 ざっくりとレポ。

人材育成において、アトム型がいいか、鉄人28号型がいいか

1部の講義はアトム型か鉄人28号型が良いかと言う問いから始まった。
どういう意味なのか最初良くわからなかったけど、なるほどそりゃそうだと言う話し。
アトム型は自分で考え、判断し行動する。
鉄人28号型とは操作する人(周りの大人)によって善にも悪にもなる。
もちろんアトム型を念頭に入れた人材育成をしなければいけないと言うことですね。

異なる価値観や背景

これからの時代、様々な価値観や生まれた場所や生活する環境による背景の違いを受け入れること。
正解のない課題や経験のない問題にぶつかる機会も多くなる。正解ではなく自分が納得できる解答、納得解を見つけ出せるようにならなければいけない。
価値観の違いを共感するためには体験が必要。体験した事に共感するのは難しい。
例えば、私たちは梅干しをみて酸っぱさを感じ唾が出るように、経験から生まれる感覚は外人が梅干し見ても唾でないと言う事からも分かる。

お金が欲しい

どこの統計だったか忘れたけど、子どもの働きたい理由の1位は「お金が欲しい」。
お金のためなら何でもするだと困る。麻薬の密売とか法に触れる事でも金が欲しいと言う感覚にならないように、働く=金だけではない価値を理解出来るようにしなければいけない。

命のイメージの湾曲化

命に対する感覚の変化。生き返る事が出来ると解答している子どももいるようで、バーチャルな世界の影響が表れている。生き返れると思っていないにしても、映画の影響やゲームによって人生をリセットできる感覚が生まれている事実はある。

コミュニケーションの大切さ

挨拶ができるか。極当たり前の事ではあるけれどもやはり大切な事。
他世代の人とコミュニケーション取れないと社会では通用しない。企業が学生の選考で最も重要視するのは9年連続コミュニケーション能力らしい。

コミュニケーションの方法の変化

リアルではなく、ネット・スマホ・ラインとか「メディアコミュニケーション」の発達。それが悪いと言う事ではなく、そう言う社会になったと言う事を理解しなければいけない。
間接的人間関係は人と関わる事に対し臆病にさせる。自立への歩みを遅らせ、歪んだものにする。文字によるコミュニケーションが増えたし、コミュニケーション取らなくても暮らそうと思えば暮らせる時代になった。

体験活動の重要性

機会の提供のタイミングも大事。
低学年:友達との遊び、動植物との関わり
高学年:地域活動、家族行事、家事手伝い

体験の種類

生活・文化体験:お手伝いやふだん放課後などの友人との遊び
自然体験:登山やキャンプ、星空観察などの野外活動
社会体験:ボランティア、職場体験など

青少年育成の課題:別の視点

体験活動の機会の格差。親の余裕がなければ参加できない事実。
もともと意識が高い親は黙ってても参加する。届けたいところに届いていないのでは?保護者の育成も青少年育成の一つとなる。
保護者以外にも周りの大人の影響は大きい。少子高齢化の現在、子どもの数が減少したことで1人の子どもに対する大人の数は圧倒的に増えている。子どもに挨拶をしなければいけないと伝えたとしても、挨拶した相手(地域の大人)などが挨拶を返さなければその子は挨拶しなくなってしまう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus