足湯に浸かって心地よい様子

足湯に浸かって心地よい様子


不定期に青森の楽しみ方をご紹介しています。今回は浅虫です。

青森市中心街から車で30分くらいでしょうか。少し離れた場所にありますが春夏秋冬(冬は微妙)楽しめる場所です。何と言っても温泉充実してるし...浅虫水族館あるし...浅虫ビーチあるし...海釣り公園あるし....みちのくのシェークあるし...とどれも一撃必殺の破壊力はありませんが小粒でも寄り合いになるとなかなかの魅力を発揮します。今回ご紹介する内容は観光と言うよりはのんびり過ごすことに重点を置いてます。


まずはマグロ丼



もはやありきたりなネタで書くのを躊躇しましたがせっかく行ったので一応。
青森にお客様が来た際に少し変わったものをご馳走したい時に思い浮かぶお店「鶴亀屋食堂」。「何だこれ!!!」と言ったリアクションを期待したい場合はぜひ連れて行きましょう。食のバランスを崩した状態にうまいのかまずいのかよくわからなくなるかも知れません。焼肉食べてる時にご飯欲しくなりますよね?ひたすら肉ばかり食べるのも結構辛い。それに似ている。ちなみにライスを追加で注文する場合は半ライスで良いです。十分普通盛りのライスが来ますので。

おいしいマグロをいっぱい食べさせたいと言う店主の思いはいいと思いますが、自慢のマグロを残して帰るお客さんにはどんな感情を持つのだろうと少し考えるとこはありますがインパクトはとても大きいです。

店名鶴亀屋食堂
住所039-3501 青森県青森市浅虫蛍谷293-14
TEL017-752-3385

腹一杯になったら少し動いて足湯でのんびり



浅虫駅から徒歩5分程度でしょうか。先ほどのマグロ丼「鶴亀屋食堂」からは徒歩10分くらいのところに足湯場があります。お腹もいっぱいになっているでしょうから、少し散歩をしながら足湯場を目指してみてください。
足湯に来る際はぜひとも生卵を持参してください。足湯場の近くに温泉卵場もありますので、暖まっている間に温泉卵を作ってしまうのは時間効率も良くてよりリラックスできる要因の一つです。足湯でうとうとしている間に今晩のおかずが一つ出来てしまうのもなかなかの癒しですね。



カシスを味わう


青森はカシスの生産量が日本一ということでせっかくなのでカシスを味わって欲しいです。浅虫の道の駅「ゆ〜さ浅虫」ではカシスのソフトクリームやほっとカシスを味わえます。

カシスのアイスはカシスを食べていると言うよりはレアチーズ的なものを食べている感覚になりますがとても美味しいと思います。ただ、カシスのサンダーもあるのでたぶんソフトよりサンデーにするべきかと。

一度ソフトを頼んでしまうとサンデーに変更はしてくれませんのお気をつけください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus