アップルパイネタで引っ張るようですが、単にネタ不足なのでこのままいきます~~;
アップルパイを焼いてみたをご覧いただいた方にはわかるかと思うのですが、この記事にダイレクトにいらした方にちょっとご説明。

基本的に料理は「必要に迫られなければしない(必要に迫られると言うのは生死に関する場合」)スタンスなので、スイーツを自作するなんてのはかなり遠い思想なのです。

ただ、もう一つ持っているスタンスに「好きなものは作ってしまえ」と言うのがあります。
食べたいものや欲しいものは自分で作れれば需要と供給が逆転します。ケーキ屋さんに行って欲しいケーキを1個買うのと自分でホールケーキを作るのでは食べられる量は全然違います。


こめんどくさく言ってしまえば作る時間のコストだったり、クォリティ的にどうなの?と言う話になるかと思いますが、その辺はどうでも良いです。
作る事に楽しみを覚えられれば捉え方も変わるし、へたくそでも自分で作ったものを自分で食べるには美味いんです。だいたいは。

やってみて思いましたが、アップルパイに関しては次回もしくはその次あたりで満足のいくものが出来る様な気がします。
今回の収穫はアップルパイ以外にも多岐に使えるパイシートと言う存在に気づけた事。こんなもんがあるんだね。

クロワッサンとかも作れそうだし、林檎以外にもぶるーべりー系だったり、ウインナー&チーズも多分うまい。

やってみて気づく事に出逢えるっていいですよね。
林檎の皮を剥いてる時は嫌いな作業なだけに「めんどくさ〜〜」って思ってましたがやってみて良かった。


このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus