平成25年3月24日(日)青森中央学院大学にて青森市長選挙に伴う立候補予定者公開討論会が開催されます。この公開討論会は事前にアンケートによって討論してほしいテーマを集めての実施のためより市民の声が反映される討論会になると思われます。

「ハチドリのひとしずく」という話があります。
それは南米アンデスに伝わる古いお話…。

ハチドリのひとしずく

『森が火事になったとき、自分にできることをと小さいハチドリが一滴ずつ水を運んで、火を消そうとしていました。

森から逃げた動物たちは「そんなことして何になるのだ」と笑います。

ハチドリは「私は、私にできることをしているだけ」と答えました……。』

自分に出来る事。まずは投票に行く事。目前に迫った市長選を前に、候補者の生の声を聞く事が出来る貴重な機会に時間をつかってみてはいかがでしょうか?

開催概要

日時 平成25年3月24日(日)
午後2時30分~午後4時30分(開場:午後2時)
場所 青森中央学院大学 学術交流会館2F 921教室
(青森市大字横内字神田12-1)
パネリスト 蝦名 武氏
鹿内 博氏
(五十音順)
コーディネーター 青森中央学院大学専任講師
早稲田大学マニフェスト研究所 招聘研究員
佐藤 淳氏
討論テーマ
  1. 自己紹介ならびに、掲げる目標と基本方針について
  2. 景気・雇用対策について
  3. 除雪・豪雪対策について
  4. 医療・福祉について
  5. 観光振興について
  6. 子育て支援について
  7. 政治への無関心(投票率の低さ)に対する意見・具体策
  8. コーディネーターによる質問
  9. その他、最後に訴えたい事項について
主催 公益社団法人青森青年会議所
協力 学生団体「選挙へGO!!」

さいごに

冒頭で紹介させていただいた「ハチドリ」のくだりは、以前参加させていただいたWorld Peace 読書会にて紹介されていたもので、とてもインパクトがあったので引用させていただきました。

関連リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus